HOME > 小児矯正(床矯正)のご紹介

小児矯正(床矯正)のご紹介

子供の歯並びを気にしてるお母さん方へ
一般的に歯並びの問題は、顎が小さく歯が並びきらない場合におこります。 従来の方法ですと、歯を抜いて顎の大きさとの調和をはかります。
床矯正とは歯を抜くのではなく正しい顎の大きさに顎を拡大します。そして、歯を正しい位置に移動させます。
子供の歯並びを気にしてるお母さん方へ
小児矯正はこんな治療です。

床矯正はこんな治療です。

床矯正では取り外しのできる矯正装置(入れ歯とほぼ同じ構造です)を使い、歯を動かしたり、顎を広げたりし、時間をかけてゆっくり無理のない調整を行っていきます。
詳しくは床矯正研究会のホームページをご覧ください。
床矯正の
メリット

床矯正装置は、取り外しができる装置の一種です。痛かったり、都合の悪い時には外しておけます。早期治療ならば診断料35,000円(税別)+一装置に付き60,000円(税別)から治療できます。 基本的に子供の永久歯は抜かずに矯正します。

床矯正のデメリット

取り外しができることは利点でもあり、欠点でもあります。床矯正治療は痛みを伴う治療なのですが、ちょっと痛いからと言って外していると、全く治りません。また、歯のコントロールが厳密にできませんので、たとえば「この歯の頭を2.5ミリ表側に出して、根っこを1.5ミリ後ろにずらそう」なんてことはできません。

杉原歯科では、床矯正に数多くの実績があります。
まずはご相談からでも構いませんので、お子様の歯並びが気になられてる方は
お気軽にご相談ください。 ウェブからのお問い合わせはこちら
治療期間について
装置を付けている期間は歯列不正(歯並びの悪さ)の程度と咀嚼訓練(噛む練習)の結果によって異なります。顎の拡大は、一ヶ月に1mmを目標とし、歯の移動は一週間に1mmを目標にします。
観察の期間は歯列不正の程度と咀嚼訓練等の結果によって決められます。
咀嚼訓練、筋機能訓練については個別で指導いたします。
通院回数と受診治療費について
通院回数について
月に1~3回程度の受診となります(ただし、特殊な場合や頻回のクリーニングが必要な時は、こまめな受診の指示がある時もあります)。
受診治療費について
・検査、診断料(資料含む)\35,000
・治療費 1装置につき\60,000~
・調整料 \3,000~
・装置修理費 \3,000~
(消費税別途)
よくあるご質問
歯の矯正ってどの角度にもできるものですか?
基本的には、1方向の移動しかできません。顎を広げる装置、歯を押し出す装置といくつか組み合わせて治療します。(前方、側方、後方など…)
いつ頃始めればいいの?
乳歯の頃から行えます。目安として、3歳頃から行えます。
どのくらいつけているの?
基本は1日中(最低14時間)です。但し、食事・ブラッシングの時は、外します。
手入れはどうするの?
装置は、入れ歯と同じ素材です。市販の義歯の清掃剤を使用しても結構です。ブラッシングの時に歯磨き剤でブラシをしてください。
費用はどのくらい?
自由診療となりますので、個人差があります。
詳しくは上記「受診治療費について」をご覧ください。
困ることはあるの?
矯正装置を入れている間は少し話づらいかもしれません。
音楽や国語、運動時には、外してもかまいません。
矯正装置の紛失を防ぐために
矯正装置を外すことにより、体育や休憩時、スポーツクラブや外食時などに紛失したり
壊したりしてしまうことがあります。
・自転車のかごに入れて走行中に片方だけ落としてしまった。
・公園のベンチに外して置きっぱなしにし、一晩中探しまわった。
・運動場の真ん中に落ちていた…
子供にはいろんなことが起きます。外したらケースに入れて保管することを日頃から
徹底するようにしましょう。
PAGE TOP↑